美容成分と効果

エイジングケアにおすすめのオールインワンジェルに配合されたエイジングケアに効果のある【た行】の美容成分と効果とは?

エイジングケア 効果

他の美容成分はこちら
あ行】【か行】【さ行】【な行】【は行】【ま行】【や行】【ら行】【わ行

トラネキサム酸

医薬部外品の美白化粧品に含まれる厚生労働省認可の有効成分です。
トラネキサム酸は抗プラスミンを有するアミノ酸の一種で、抗アレルギー・抗炎症・抗出血作用があります。紫外線によるメラニン生成の情報伝達物質であるプロスタグランジンE2の生成を抑制し、メラノサイトでのメラニン生成を抑制する効果があり、シミ・ソバカスを防ぐ(美白)効果がります。
また、肌あれ改善の医薬部外品有効成分でもあります。

 

ダイズエキス

ダイズエキスとは、ダイズの種子から採れるエキス。大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあることが注目されています。殺菌・抗菌作用、保湿、皮脂分泌コントロール、抗炎症、美白、細胞活性化効果があります。

 

ツボクサエキス

セリ科の植物であるツボクサの葉から抽出されたエキスで、古くから薬用の植物として使われ、傷や火傷などの治療にも用いられてきました。皮膚修復力にがあり、ダメージを受けたお肌や毛穴の修復を促す効果、抗酸化作用、コラーゲン生成促進作用、血行促進作用があり、肌の代謝を高めてお肌のターンオーバーを促進するエイジングケアにも嬉しい働きをします。また、シミのもととなるメラニンを生成のもととなる肌内部の炎症を抑制し、抗酸化作用により炎症後の色素沈着を抑制する美白効果や保湿御効果もあります。

 

チャ葉エキス

ツバキ科植物の茶葉から抽出されたエキス。高い保湿効果があります。豊富なビタミンCが含まれ、シミやくすみの原因となるメラニン生成を抑制する働きによる美白効果やエイジングケアに嬉しい抗酸化効果、抗糖化効果があります。また、毛穴を引き締めたり、肌のたるみに働く収れん効果、高い殺菌効果によりニキビケアにもおすすめの成分

 

トウキンセンカ花エキス

キク科のトウキンセンカ(マリーゴールド)の花から抽出されたエキス。殺菌作用や炎症を落ち着かせる作用があり、薬用効果に優れた成分。古くから薬用植物としてヨーロッパでは治療薬としても使われています。お肌を柔らかくする作用があり、加齢によって硬くなったお肌を柔軟にしたり抗酸化作用がありエイジングケアにおすすめです。

 

チョウジエキス

フトモモ科植物チョウジノキの開花直前の蕾を乾燥させたものから抽出して得られるエキスには、セラミド合成促進による保湿・バリア改善作用、色素沈着抑制作用や、コラーゲンにアプローチする抗シワ効果があります。